人気ブログランキング |

言葉変換『もんじろう』用アイコン 七草と七草粥   

2012年 01月 08日

 1月7日 七草の日 



            

c0301141_22142024.jpg



        熱いうちに食べさせたくて,急いで盛り付けたので雑で済みません。



                                                       





  鹿児島では,七草は特別な意味をもちます。 



  最近では,七五三も祝いますが,七草の日は,七歳の男の子,女の子どちらも祝います。



  羽織袴や晴れ着で神社にお参りして,お重を持って七軒のお宅を回ります。



  主に親戚の家ですが,それぞれの家では,七草粥を作って待っています。



  お玄関で御挨拶をして,お祝を戴き,七草粥を少しお重に入れてもらいます。



  七軒分の七草粥が一つのお重に入り,帰ったらそれを家族で頂きます。



  それぞれのお宅で「健やかに育つ様に」との思いで作って下さった物を食べると



  身内だけでなく,周りの方達からも見守られている事に感謝します。



    [E:ribbon]



  私の時も,私の子供の時も七軒回りました。 



  ですから,知人に七歳のお子さんがいらっしゃると



  「七草粥作って待っているからいらっしゃい」と声をかけます。



  でも最近は,そこまでする方が少なくなって来ている様で寂しいです。 



  鹿児島だけの風習の様ですが,いい伝統なので続けて行ってもらいたいです。 



     [E:beer]



     今夜はブリ大根



            

c0301141_22142058.jpg



  子供が大好きなので,子供にも手伝わせましたが,大根を切るのにも大きく斜めになり



  皮を剥くのも危なっかしい手つきでした[E:wobbly]



  お味は,脂がのっていて美味しいでした。  



        [E:heart04]



    来年,七草の方,待ってますので,お声をかけて下さい。








   今日は,鹿児島では成人式もありました。



   震災もあり,日本中で,様々な思いで新成人を迎えた方も多いと思います。



   二十歳を迎えられなかった人もいます。生きているのが辛い事もあるでしょうが,



   生きていて良かった,と思える様な人生を送って欲しいです。



   七歳も二十歳も,皆様の健康と幸せを祈っています。[E:shine]


by salonkk | 2012-01-08 23:42 | 料理

<< 薩摩びーどろ工芸社 あけましておめでとうございます >>