言葉変換『もんじろう』用アイコン 母と8人の娘達(Mae e 8 filhas)   

2013年 11月 09日

25年来の夫のブラジル人の友人からプレゼントをもらいました。



    

c0301141_22154837.jpg



               レースの布はブラジルの伝統的民芸品で、手作りのレースです。
 

 


          

c0301141_22154839.jpg
ティーカップ



デミタスカップ8客。箱から取り出した時、「あれ?」と思いました。23年か10年前かのどちらか、



彼から貰ったリモージュのティカップと同じデザインだったのです。お礼の電話でその事を話すと、本人は憶えていない様でした。



後日メールが来て「思い出した、同じアンティークショップで買った」との事。



9客一緒に写真を撮ってお礼のメールを送りました。



「10年以上の時を経て同じ柄の器が一緒になった偶然。並べてみると私には、おかあさんと8人の娘達の様に見えます」と



拙いポルトガル語で送りました。



すぐに、写真と”母と8人の娘”と言う表現がとても気に入った、と喜んだ様子の返事が来ました。



絵画、美術に造詣が深く、薩摩焼も"SATSUMA"と海外では有名で彼も大好きです。



23年前、日本に来た時は、「ノリタケが欲しい」とノリタケのショールームにお連れしました。



ディナー皿を12枚買っていきました。



「よくパーティーをするの?」と聞いたら「こういう物は代々子供に伝える物だから」との答え。



欧米人(彼はヨーロッパ系)の器に対する想いを教えられた出来事でした。



こちらからは良く薩摩焼を贈りますが、これからも、この御縁を大切にして行きたいです。


[PR]

by salonkk | 2013-11-09 23:33 | 食器

<< 11月の教室 Room to read >>