人気ブログランキング |

言葉変換『もんじろう』用アイコン 3月の教室〜薩摩郷土料理   

2015年 03月 23日

春めいて来ました。
今月は鹿児島の郷土料理「酒寿司」でした。
c0301141_10122417.jpg
酒寿司とは、酒と味醂の中間位の、甘い鹿児島の地酒を、お米と同量入れたお寿司です。酒と塩以外、一切入りません。
米3合に、酒3合、⁇と思われるかも知れませんが、時間を置くとお米が酒を吸収するのです。
c0301141_10211704.jpg
酒寿司専用の桶があつて、具とお米を交互に層に入れます。蓋をして、重石を載せて2時間以上置きます。
盛り付ける時は、垂直に取り出し、皿に盛ると、ちらし寿司の様になります。
上に刺身などを飾り、豪華な一品です。
c0301141_10284824.jpg
その昔、お殿様が酒の入ってしまった寿司を翌朝食べたら美味しかったとか、女性が大っぴらにお酒が飲めないのでこうしてお酒を楽しんだ、とか色んな説があります。
c0301141_10493681.jpg
最近は酒寿司も家庭であまり作らないし、どうかなと心配してました。
若い方は、酒寿司を知らな方もいらして、地元の郷土料理を知って貰って、良かったです。
お味の評判も、とても良く、ほっとしました。
こんなにお酒が入っても、以外と酔わないんです。お酒の飲めない私が大丈夫なんですから。
ご家庭で作らなくても、郷土料理にこんなのがあると、作り方を知っていれば、何かのお役に立てるのではないでしょうか。


by salonkk | 2015-03-23 09:45 | おもてなし教室

<< White Day Cup cake >>