言葉変換『もんじろう』用アイコン テーブルウエアフェスティバル   

2016年 02月 03日

c0301141_01070872.jpeg
c0301141_01193367.jpeg
ポスターのテーブルです。

今年も始まりました。鹿児島のコーナーの搬入と、ポスターや特別展示の「萩焼」や
「パリ」を手掛けるコーディネーターの先生のお手伝いをしました。
先生は大小50程のテーブルを手掛けられるのでアイロンがけも膨大。
深夜までセッティングが続きました。

c0301141_01073501.jpeg
萩焼のブース。大小20程のテーブルが並びます。
伝統的な萩焼からモダンな物まで様々、出来上がって行く過程が楽しい。
c0301141_01075236.jpeg
こちらでは薩摩切子を使って頂きました。
どのテーブルもグラス類が入ると、高さ、煌めきが入り華やぎます。
c0301141_01081349.jpeg
こちらは「メゾンドパリ」お馴染みのブランド、ジアン、レイノー、コケーから日本であまり知られていないローズセルニヤック、マリダージュ、デズリエールなど。
今回はクロス類もフランスの物を使いました。
c0301141_01083592.jpeg
「サンルイ」ではシャンデリアも登場。今迄の豪華なテーブルではなく、自然の中でのナチュラルなセッティングをとのメーカーからの意向もあり
カジュアルなガーデンパーティーのイメージで。
ポップな柄の「サーブル」、黒土に白い釉薬をかけた素朴な「ニデルヴィレ」
どちらも昨今人気のブランドです。

毎回、お手伝いしながら、「この器にこのクロス?このグラス?挿し色がこれ?」
などと良い意味で裏切られ、驚きの連続です。
どうしたらこんな発想が出来るんだろう、と毎回悩みます^_^;
期間中、いろんな所から何かしら吸収したいと思います。
鹿児島からも生徒さん達がいらして下さいます。
楽しんで頂ける様に御案内したいと思います。




by salonkk | 2016-02-03 01:57 | テーブルコーディネート

<< 東京ドーム〜アリーナスタジオ 鹿児島の特産品 >>