言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2011年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 干支人形 ”辰” 完成   

2011年 12月 31日

辰の木目込み人形,完成しました。



     

c0301141_22141048.jpg
  



  毎晩,遅くまで頑張りました。



  毎年,毎回,その時の雰囲気で,布を選ぶのですが,今年はどうだったでしょうか。



  龍なので,青,緑,紫など男っぽい色になりました。でも,可愛い柄も使いました。





  

c0301141_22141144.jpg
    
c0301141_22141185.jpg



  

c0301141_22141153.jpg
    
c0301141_22141199.jpg



  



  

c0301141_22141195.jpg
    
c0301141_22141284.jpg





  

c0301141_22141299.jpg
    
c0301141_22141219.jpg



     



 お届けに行ったり,宅急便で送ったり,何とか年内に届けました。



 いつも,ぎりぎりで済みません。来年こそは,早めにお届します。



 悲しい事が一杯あった今年の日本。来る年が,龍の様に高く昇る,そんな年になったら



 いいですね。



 


[PR]

by salonkk | 2011-12-31 00:05 | 着物、縮緬細工

言葉変換『もんじろう』用アイコン 夜なべ仕事   

2011年 12月 25日

毎年恒例の,干支の木目込み人形作り。



       

c0301141_221486.jpg



  今年は,例年より取りかかるのが遅くなり,毎晩遅くまで・・・



  夫が出張中なのを幸いに,明け方まで作ってました。







  毎年,買って下さる方の分,お世話になった方に差し上げる分,十数個作ります。



  古い縮緬を集めているので,すべて古布で作ります。



  いつも悩むのは,布の色の取り合わせ。色んな布を引っ張り出すので



  テーブルの上がすぐ,布の山になってしまいます。


[PR]

by salonkk | 2011-12-25 23:36 | 着物、縮緬細工

言葉変換『もんじろう』用アイコン Xmasプレゼント   

2011年 12月 24日

思いがけず,クリスマスプレゼントを頂きました。



  

c0301141_221464.jpg
c0301141_2214789.jpg



  [E:xmas]



 お若いご夫婦からでしたが,奥様の美意識がうかがえる素敵なラッピングで



 思わず写真に撮ってしまいました。



 毛糸のリボンがお洒落でしょう。



      

c0301141_221481.jpg
  



 蜜蠟のキャンドルのとてもいい香りがします。



 包んであった布も手縫いで,夫のお弁当包みに丁度良さそうです。



 若い方の感性に触れ,キャンドルを灯し,暖かい気持ちになりました。



 ありがとうございました。[E:happy01]



 


[PR]

by salonkk | 2011-12-24 00:02 | その他

言葉変換『もんじろう』用アイコン 12月のお教室   

2011年 12月 17日

 今月は”お正月”です。



     

c0301141_2214451.jpg
  



   お正月料理も何年もやっているので,今年はおせちより,新年会にふさわしい料理と



   なりました。おせちで残った物を上手く,利用出来る様に考えました。





   [E:heart]  



   

c0301141_2214438.jpg



  セッティングの様子です。折敷は,赤と黒のリバーシブルでとても重宝しています。



  [E:ribbon]



  月に1回の教室ですが,あっという間の1年でしたね。



  生徒の皆様,我が家にいらして下さって,1年間ありがとうございました。



  来年は,東京ドームへ,来て下さる方もいらっしゃって,楽しみにしています。



  皆様のお陰で,今の私があると感謝いたしております。 



  来年もよろしくお願いいたします。


[PR]

by salonkk | 2011-12-17 13:21

言葉変換『もんじろう』用アイコン クリスマスのお気に入り   

2011年 12月 10日

  [E:xmas]クリスマスグッズです





       

c0301141_2214463.jpg





  クリスマスのスプーン。



  輸入食器のお店で毎年,少しづつ集めた物です。



  使っているうちに,色が剝げて来た物もありますが,どれもお気に入りです。



  定番のツリーなどの他,ブッシュドノエルや,煙突に入ろうとしているサンタなど



  小さいながらも凝っています。





           [E:cake]





           

c0301141_2214484.jpg



     



    クリスマス柄のカップ&ソーサー。



    右のセットは,10数年前の,ロイヤルアルバート製の特別限定版でした。



    当時,東京に住んでいた私は,カップは買えたのに,お皿が無くて,東京中のデパートに



    問い合わせましたが売り切れていて,諦めていました。[E:sad]



    ところが,鹿児島に帰省して某デパートに行ったら,普通に売っていたのです。[E:happy01]



    そんな思い出もあり,年に1回しか使いませんが,あっという間の1年です。



    生徒さん達も,「またこの季節がやって来ましたね。1年経つのは早いですね。」



    とおっしゃいます。



    あまり,物は増やしたくないのですが,あと1セット位はいいかな,と思い,



    次はポーセラーツで手作りしてみようと思っています。



    


[PR]

by salonkk | 2011-12-10 09:40 | 食器

言葉変換『もんじろう』用アイコン ひと山超えました!   

2011年 12月 03日

テーブルウェアフェスティバルのシュミレーションです。



東京からプロデューサーはじめスタッフがいらして,本番さながら,コーディネートしていきます。



       

c0301141_2214361.jpg



クロス,ランナー,それぞれ10枚。折敷,お膳なども10種類,他にナプキン,ナプキンリング,



グラス,お花,考え付くありとあらゆる物を持って行きました。使うのはごく一部ですが,



選択肢が多い方がいいと思って。



朝から,本番と同じサイズのテーブルにセッティングしていきます。実際に器を載せてみて



合わないと他のクロスに変えたり,全体の調和も考えて。



    [E:restaurant]



午後からの本格的な作業を前に,昼食。簡単なお昼を作って行きました。



  

c0301141_2214485.jpg
    
c0301141_2214484.jpg



煮物を作って,新聞紙と毛布に包んで行ったらお昼まで熱々でした。



丁度,お誕生日の方がいらして,お赤飯がぴったりでした。



フルーツケーキは何年もお酒に漬けたドライフルーツを使っているので,男性にも好評でした。



この日,朝,東京は7℃,昼,鹿児島は23℃,皆,暑い暑いと言いながら仕事してました。  



  [E:maple]



食後,それぞれのテーブルを精査して行きます。クロスや器を他の物と入れ替えたり,



ランナーや小物を足したり,陶器のテーブルに薩摩切子や錫の器が入るとグッと雰囲気が



変わります。お花も活けて,どんなラインにするか決めます。



地元に竹の工房の方もいらっしゃるので,お箸の色,長さも特注で作ってもらいます。



プロデューサーのIさんのアドバイスで,テーブルがどんどん洗練されていきます。



他のスタッフとの連携も見事で,クロスの色が決まると,カラーチャートで色を確認し,それに



合わせて,各テーブルの色も決めます。



      

c0301141_2214461.jpg
    
c0301141_221445.jpg



ほんの一部でごめんなさい。全体像は,2月のお楽しみという事で。



思ったより早く終わり,12テーブルすべて決まりました。後は,クロスの長さなどの微調整や,



足りない物を揃えます。Iさんやスタッフの方達もホッとされた様でした。



           

c0301141_2214495.jpg



私達は,ひと段落ですが,陶芸家の方達はこれから2月まで物販用の物を数多く作らねばなりません。



でも,テーブルをご覧になって,「窯から出てきた物が,全然違った物に見える。」



とおっしゃって下さいました。



皆様お疲れ様でした。


[PR]

by salonkk | 2011-12-03 21:05 | テーブルコーディネート

言葉変換『もんじろう』用アイコン 東京ドーム テーブルウェアフェスティバル   

2011年 12月 03日

 以前書いていた,来年の東京での企画というのは,これです。



          

c0301141_2214356.jpg



 20回目の節目に,主催者側の特別企画で,鹿児島を取り上げていただく事になりました。



 20年間これに携わっていらっしゃる総合プロデューサーのIさん,設営を担当するNHK



 アート,ドームの方々など,毎回5名ほどで,何度も鹿児島に足を運んで下さいました。



 Iさんは「鹿児島には,いい物が沢山ある。薩摩焼,薩摩切子,錫,竹。これを見て,東京の



 人達に,鹿児島に行ってみたいと思わせたいんだよね。」と熱く語って下さいます。



 今回初めて,地元の人にテーブルコーディネートを任せようと言う事になり,私を含む



 3人で大小12のテーブルをコーディネートする事になりました。



  Iさんの情熱につき動かされ,東京と鹿児島のスタッフ,窯元の方,コーディネーター,



 どんどんアイディアが出てきます。



    [E:clover]   



  私は,今年の19回も行きました。完成度の高いテーブルばかりで素晴らしかったです。



 最初,お話が来た時,私でいいのか,としり込みしそうでした。それで,Iさんへ教室の写真を



 送り,見てもらいましたら,OKが出ました。



  Iさんからは,「実際に料理を作っている人のテーブルだからいいと思った。」とおっしゃって



 いただきました。



 皆さんとの打ち合わせでお話を伺いながら,どういう方向へ持って行ったらいいのか,



 これまでの傾向なども見,皆さんのイメージにも添う様に考えていきました。



 大切なのは,器が主役である,と言う事。「この器を使ってみたい」と思わせる事。



 器以外の物があまり目立たない様にする事。



   [E:note]



 私にとって一番悩んだのは,クロス選び。色は勿論,質感も。



 合わせる器も,白薩摩,黒薩摩,龍門司焼,長太郎焼,色の質感も全然違います。



 10月に器が決定してから約1か月半,クロスの事が頭から離れませんでした。



 普通の生地では幅が足りないので,カーテンなどのインテリアファブリックから探しました。



 生徒さんでインテリアコーディネーターのTさんからも貴重なアドバイスをいただき,



 素敵なクロスを見つける事ができました。



  [E:cute]



  長くなってしまいました。



  次回は,実際に本番通りにシュミレーションします。



  皆さんの納得されるコーディネート出来るでしょうか。ドキドキです。       


[PR]

by salonkk | 2011-12-03 10:06 | テーブルコーディネート