人気ブログランキング |

言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 2月の教室 〜中華料理〜   

2016年 02月 27日

c0301141_11431844.jpeg
今月は「中華料理」 テーブルは「モダン」
今までの染付を使ったオーソドックスなコーディネートからグレーと白のテーブル。
クロスはフリース(思わず頬ずりしたくなります^^;)
メインのお皿は洋皿ですが、盛り皿や大ぶりのそば猪口はアンティークの染付を
使い中華らしさを出しました。今風のMix matchでしょうか。

c0301141_11434405.jpeg
グレーが基調ですが、お花やナプキンのリボンに挿し色の黄色(山吹色)

c0301141_11440805.jpeg
メインはリクエストの多かった 「中華ちまき」
三角錐に包むのが皆さん難しい様なので平面に。
この方が蒸し器にいっぱい入るメリットも。
他に下ごしらえさえして置けば、蒸し上がる直前に炒めるだけの物など
もてなす側があまり席を空けないで済む様な段取りのメニューです。

c0301141_11442913.jpeg
私は"おもてなし"をする時は、料理人ではなくホステスなので、出来るだけ席を
空けない様にしてお客様との会話を楽しみたいと思っています。
その為にはメニュー作りと時間配分、段取りがとても大事です。
「何日前から準備したのですか?」と聞かれますが、前日と当日です。
少人数なら当日、ランチの時は前日にある程度やっておかないと
当日あっという間にお昼になってしまいますが(^_^;)
教室ではそんな事もお伝え出来ればと思っています。
2月は鹿児島でも寒い日が続きましたが、来月は一気に「春」が来るでしょう。
花粉症の方など体調に気をつけてお越し下さい。





by salonkk | 2016-02-27 12:28 | おもてなし教室

言葉変換『もんじろう』用アイコン 2月の日程   

2016年 02月 15日

2月18日(木) 10時〜 テーマ「中華料理」
2月19日(金) 〃
2月20日(土) 〃

by salonkk | 2016-02-15 22:38 | おもてなし教室

言葉変換『もんじろう』用アイコン 東京ドーム〜アリーナスタジオ   

2016年 02月 15日

テーブルウエァフェスティバルも終わってしまいました。
毎日、案内、接客に追われ、あっという間の最終日。
コーディネーターの先生の撤収作業が深夜まで続きました。
期間中、会場中央のアリーナスタジオで鹿児島の大島紬作家の
越間巽、惠智子ご夫妻のトークショーがありました。
c0301141_21481121.jpeg
c0301141_21483357.jpeg
ご夫妻は植物採集から始まり、染色、織り、すべてご自分でなさいます。
亜熱帯から温帯まで南北600キロの鹿児島で取れる、天然の染料で染めれらる糸は
とても鮮やかで綺麗です。ご主人の分かり易いトークに皆さん聴き入ってました。

c0301141_21485129.jpeg
トークが終わった後は実際に糸を触ったり、ご夫妻と直接お話をしたり
関心の深さを伺えました。
越間さんは織る時は、図案など描かずに、糸と対話しながら、
織りながらインスピレーションで仕上げていくそうです。
毎年、鹿児島のブースで、真摯なご夫婦の説明を聞いてファンが増えています。
他の展示会にもいらして下さる様になったそうです。
私も改めて、故郷鹿児島でこんなに彩り豊かな色が紡ぎ出される、
自然の奥深さ、豊かさに感じ入りました。


by salonkk | 2016-02-15 22:37 | テーブルコーディネート

言葉変換『もんじろう』用アイコン テーブルウエアフェスティバル   

2016年 02月 03日

c0301141_01070872.jpeg
c0301141_01193367.jpeg
ポスターのテーブルです。

今年も始まりました。鹿児島のコーナーの搬入と、ポスターや特別展示の「萩焼」や
「パリ」を手掛けるコーディネーターの先生のお手伝いをしました。
先生は大小50程のテーブルを手掛けられるのでアイロンがけも膨大。
深夜までセッティングが続きました。

c0301141_01073501.jpeg
萩焼のブース。大小20程のテーブルが並びます。
伝統的な萩焼からモダンな物まで様々、出来上がって行く過程が楽しい。
c0301141_01075236.jpeg
こちらでは薩摩切子を使って頂きました。
どのテーブルもグラス類が入ると、高さ、煌めきが入り華やぎます。
c0301141_01081349.jpeg
こちらは「メゾンドパリ」お馴染みのブランド、ジアン、レイノー、コケーから日本であまり知られていないローズセルニヤック、マリダージュ、デズリエールなど。
今回はクロス類もフランスの物を使いました。
c0301141_01083592.jpeg
「サンルイ」ではシャンデリアも登場。今迄の豪華なテーブルではなく、自然の中でのナチュラルなセッティングをとのメーカーからの意向もあり
カジュアルなガーデンパーティーのイメージで。
ポップな柄の「サーブル」、黒土に白い釉薬をかけた素朴な「ニデルヴィレ」
どちらも昨今人気のブランドです。

毎回、お手伝いしながら、「この器にこのクロス?このグラス?挿し色がこれ?」
などと良い意味で裏切られ、驚きの連続です。
どうしたらこんな発想が出来るんだろう、と毎回悩みます^_^;
期間中、いろんな所から何かしら吸収したいと思います。
鹿児島からも生徒さん達がいらして下さいます。
楽しんで頂ける様に御案内したいと思います。




by salonkk | 2016-02-03 01:57 | テーブルコーディネート