言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 1day lesson   

2017年 12月 25日

テーブルコーディネートの1day lessonを開催しました。
定期的に勉強会をされているグループの方からのリクエストでした。
c0301141_01115371.jpeg
時期的にクリスマスのセッティングのお話から。
クロスや器を変えながら色んな表情のクリスマステーブルに変化させて行きます。
モダン、カジュアル、エレガント、、小物や色の合わせ方で変わって行きます。

c0301141_01132758.jpeg
同じクロスやディナー皿を使ってお正月のテーブルに変化させて行きます。
同じディナー皿でもお椀や小物を足すとお正月に変身です。
ちょっとした変化で洋から和、Xmasからお正月、楽しいですよ。

c0301141_01122858.jpeg
レッスンの後は軽いランチとデザートで楽しんで頂きました。
皆さん器や料理について熱心に聞き入ってました。
私もたくさんの事をお教えしたくて器や小物を準備してましたが
全部伝えきれなかったかと思います。
後日リース教室に参加されたり、「おもてなし料理教室」に入会されたり、
テーブルに興味を持たれ事が何より嬉しいでした。
この様なリクエストレッスン、いつでもお申し出下さい。



[PR]

by salonkk | 2017-12-25 22:08 | テーブルコーディネート

言葉変換『もんじろう』用アイコン クリスマスリース教室   

2017年 12月 13日

c0301141_23413394.jpeg
今年もリース教室を開催しました。例年いらして下さる方、
我が家の玄関に飾っているのを見て「作りたい」と初めていらっしゃる方。
c0301141_23410124.jpeg
皆さんとても楽しそうに作っていらっしゃいました。
直径50cm近くの大きな物。グリーンも5〜6種類使って。
樅やヒバの良い香りがして、「森林浴みたい」と😀

c0301141_23415315.jpeg
リボンで随分雰囲気が変わりますね。
リボンの選択も個性的。

c0301141_23422195.jpeg
皆さんリボン選びに迷って、悩んで、、それもまた楽し(^.^)
毎年作られる方は去年と違う雰囲気のリボンを選んでました。

c0301141_00053820.jpeg
今年の我が家のリース。リボンが個性的です。
私の中では年々、金やキラキラ系が消えてナチュラルになっています。
下のリースはプレゼント用。こちらもチェックのリボンに素朴な花材で。

「また来年」と言って帰って行かれました。
暮れの慌ただしい時期、楽しいひと時を過ごして頂けた様です。
私も皆さんの色んなリースが見れて楽しかったです。



[PR]

by salonkk | 2017-12-13 00:32 | 手作り

言葉変換『もんじろう』用アイコン 1月の日程   

2017年 12月 10日

1月18日(木) 10時〜
1月19日(金) 〃
1月20日(土) 〃

[PR]

by salonkk | 2017-12-10 02:51 | おもてなし教室

言葉変換『もんじろう』用アイコン フランツ バルトロメイ   

2017年 12月 10日

c0301141_01540007.jpeg
鹿児島出身、ウィーン在住、Jさんの40年来の友人、元ウィーンフィルの
チェロ首席奏者のフランツ バルトロメイ氏のリサイタルがありました。
祖父、父、兄、本人、120年に渡ってウィーンフィルのメンバーと言う名門の出。
詳しい事は彼の著書「この一瞬に価値がある」に書かれています。
リサイタルは素晴らしく、涙する人も。アンコールもたっぷり。
お人柄の表れた演奏でした。
翌日は若手の為にレッスンも快くして下さいました。

リサイタルのスタッフの慰労も兼ねて我が家にお招きしました。
c0301141_01545983.jpeg
何十回も日本に来てもホールとホテルの往復で個人宅に招かれる事など
ほとんど無いと、とても喜んで下さいました。
写真通り、優しく穏やかで謙虚、ちょっぴりお茶目で可愛い方でした。

c0301141_01543434.jpeg
日本食大好きとの事だったので、バリバリの日本食(薩摩料理)でした。
器も和洋のアンティークを使ったら気に入って頂いた様です。

c0301141_01552341.jpeg
箸使いも上手で、美味しいと平らげて下さいました。
豚骨が珍しく美味しいと。「トンカツ?トンコツ?どう違うの」と。
鶏飯(けいはん)はチキンライス?奄美の料理で、、と説明しました。
漆器は英語だと「Japan」だけどドイツ語だと何だろう、と言う話や。
イタリア留学経験のある人もいて、ドイツ語、英語、イタリア語、鹿児島弁が
飛び交いながら楽しい時間はあっと言う間に過ぎました。

c0301141_01554105.jpeg
久しぶりに和菓子も作りました。ケーキのお土産もあり、
どちらもぺろっと平らげてました。
音楽の話は勿論、グラス、陶器、家具、旅、色んな話題に話が飛び、
もう一晩位来て頂いて、もっとお話をお聞きたかったです。
他の人も同様で皆さん名残惜しい様でした。
また是非鹿児島でリサイタルをとお願いしていました。

昔、音楽好きの父が国内外のアーティストを招いて母の手料理でもてなしてました。
今では同じ様な事を私がやっています。皆さんの喜ぶ顔が見たくて😀


[PR]

by salonkk | 2017-12-10 02:48 | おもてなし料理